都内の納骨堂の選び方!個別ニーズに合った理想の場所

飼い主とペットが一緒のお墓に入れる

飼っている大切なペットとのお別れは必ずやって来ます。お別れが来た時に、家族として大切なペットが寂しくないように、飼い主と一緒のお墓に入る方法もあるので、必ずその時になってから考えるのではなく、事前に考えを決めておきましょう。先に自分が亡くなった場合は、遺族にペットと同じお墓に入りたいと頼んでおく事が大切です。法律では共葬は禁止されていませんが、各墓地や霊園での規約は異なるので一緒に埋葬してもらえる所を探しておく必要があります。

また、自分以外の親族がそのお墓に入る場合や、先祖代々の墓がある場合は、親族やその人達との話し合いもしておきましょう。自分ではなく先にペットが亡くなった場合は、先にお墓に入ってもらう方法と、お骨にして自宅で保管をしておく方法があります。自分を埋葬してもらう時に一緒に入る事が出来るので、愛犬や愛猫、その他のペットも寂しくないでしょう。注意点は、自分が亡くなった後の墓は、家族が管理する必要があります。

近年では維持費も掛かるので、墓終いをする人も増えているのが現状です。墓石を解体や撤去にも、それなりの費用が掛かります。全てを把握した上で、家族とよく話し合いをしましょう。一緒に埋葬が出来ない場合には、散骨や合同納骨などの方法もあるので、あらゆる方法を事前に下調べをしておくのがおすすめです。

分からない点がある際には、霊園に相談や問い合わせを行い、納得した上で契約に進むと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です